VOICE
06
物流の常識に挑む。
現状維持は、衰退。
常に一歩前へ。
VOICE
06
物流の常識に挑む。
現状維持は、衰退。
常に一歩前へ。
商品管理
平尾 航
物流商品管理部
2017年入社

― 入社のきっかけは?

志望理由は、浮き沈みが激しいアパレル業界において、商社として多彩な事業を展開している会社だったから。長年の歴史と実績があり、経営基盤が安定している点も魅力でした。この会社でなら、安心して長く活躍できそうだと思ったのです。説明会で「やりたいことをやらせてもらえる会社」という話を聞き、志望意欲がグンとアップ。言われたことを淡々とこなすのが苦手な自分に、ぴったりの会社だと感じました。ちなみに、レディースのアパレル企業に注目した理由は、メンズと違って市場規模が大きく、幅広い業務に携われそうだと考えたからです。

― 現在の仕事とそのやりがいは?

私の仕事は、物流センターでの商品管理。メーカーから商品の入荷を受け付け、在庫を管理し、営業からの指示をもとに出荷手配を行うというのが一連の流れです。単に商品を右から左へ流すことが、私たちの役目ではありません。アイデアを活かして、業務効率化や物流コストの削減を目指すことも、重要な業務のひとつなのです。私は、段ボールなどの資材発注のフローを1本化し、経費処理の簡略化を実現しました。現在は、入荷から在庫管理、卸先からの受注、出荷までを一元管理するためのシステム構築に、中心メンバーとして携わっています。当社が扱うファッションアイテムが集結する物流センターは、何がどこでどれだけ売れているかのデータをリアルタイムに把握することが可能。その強みを活かして、海外向けの「越境EC」に出品する商品提案も行っています。このように新しいことに次々チャレンジできるのが、大きなやりがい。あらゆる拠点、部署との連携が必要となるため、会社全体の業務の流れを把握できるのも魅力です。

― 今後の目標、当社の魅力は?

今は世の中の変化が激しく、かつスピーディに流行が移り変わっていく時代。そんな社会の流れに乗ってジオン商事の認知度をアップさせ、会社のさらなる成長や発展をけん引していきたいと思っています。たとえば、アパレルの領域を超えて、ライフスタイルの提案をしていくことだってできるはず。ゆくゆくは、そういったアイデアを活かして、新事業や新部署の立ち上げにも携わってみたいと考えています。私の例からもわかるように、当社は若手に大きなチャンスを与えてくれる会社。上司も「お前がやったほうがいい」と言って、積極的に新しい挑戦を後押ししてくれます。そんな風土が根づいている当社でなら、いつか必ず自分の目標や夢をカタチにできることでしょう。

一覧に戻る

PAGE TOP