VOICE
05
これまでの経験を活かし、
これまで以上の
やりがいを得るために。
VOICE
05
これまでの経験を活かし、
これまで以上の
やりがいを得るために。
MD
村岸 淳
DRESSLAVE
2005年入社

―入社のきっかけは?

当社に入社する前は2つのアパレルメーカーで様々な経験をさせていただきました。1社目は、少人数のブランドに配属されたこともあり、入社当初から企画、生産、バイイング、店舗運営、物流まで一貫して携わることができました。2社目の会社では、よりブランド全体を経営するという視点を持った働き方に挑戦。ここでは個の意識の強いチームをコントロールする難しさを経験できました。そして、3社目の転職先として選んだのが当社。新ブランドを立ち上げるにあたり、そのブランドに関わるすべてのマネジメントを任せていただける職種を募集していると知り、応募することに。当然、求められる責任も大きくなりますが、これまでの経験を活かし、これまで以上のやりがいが得られると思ったのです。

―現在の仕事とそのやりがいは?

デイリーでカジュアルな感覚で、日常のモードを楽しむ女性をターゲットに、本当に欲しいもの、着たいものを中心とした新しいスタイリングを提案する。それが、新しく立ち上げた「ドレスレイブ」のブランドコンセプトです。このブランドを成功させるべく、私はブランドマネジメントから店舗運営、オリジナル企画、生産、MD、雑貨バイヤーまで、あらゆる業務に携わってきました。とはいえ、最初は新ブランドを立ち上げたもののなかなか出店できず、売上はおろか働くスタッフのやりがいを維持することさえ難しい状況でした。しかし、私自身の出身地である神戸に路面店を構えたのをきっかけに徐々に軌道に乗り始め、ブランド創設5年目には念願の大阪・梅田エストの入口という超好立地に出店でき、エスト内の年間最優秀店舗賞を二度受賞するまでに成長しました。また、ドレスレイブが好きで未経験のアルバイトから入社したスタッフが店長まで昇格したりと、スタッフ全員の意識も非常に高く、ブランドと同時にチーム自体も大きく成長、結束できたことは本当に私自身の誇りです。

―今後の目標、当社の魅力は?

今後の目標は大きく3つあります。1つ目は、ドレスレイブの年間売上20億円の達成。そのためにもブランド経営を会社経営と同様に捉えながら、物事を判断していきたいと思います。また楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、楽観的に行動するということを心掛けながら、国内外への卸売も強化していきたい。それが、2つ目の目標です。そして、3つ目の目標が、ドレスレイブのスタッフから新たな事業を展開できるスタッフを輩出すること。そのためにも、より情熱を持って接していく中で、スタッフの主体性を育てていきたいと思います。3度目の転職先となる当社は、財務基盤が本当にしっかりしており、新しいことにチャレンジできる環境です。積極的にチームの渦の中で自分を磨き、さらには自ら渦を作り出せるような働き方をしたい方の挑戦を心待ちにしています。

一覧に戻る

PAGE TOP