VOICE
02
難しい目標を
達成できると、
そのぶん喜びも大きい。
VOICE
02
難しい目標を
達成できると、
そのぶん喜びも大きい。
店舗運営管理
高島 雄平
Jines
2002年入社

―入社のきっかけは?

学生時代からファッションが好きで、就職活動ではアパレル関連の企業を中心に探していました。その中で、当社はキャリアからミセスまで幅広い年代をターゲットにブランド展開しており、様々な経験を積める可能性がある会社だと感じたのです。また、市場の変化が激しいファッション業界を生き抜くための財務基盤がしっかりしている点も魅力でした。入社後は、まず大阪本社でバイヤー様向けの卸売を行う営業部署で仕事の基礎を学び、入社6年目に東京に異動。店舗運営やアウトレットでの販売に携わってきました。

―現在の仕事とそのやりがいは?

現在は、再びショップの店舗運営を任されています。仕事内容は、売上・コスト・人材の管理を中心に、ショップ全体のマネジメントです。日々の仕事の中でもとくに印象に残っているのは、新店舗をオープンさせ、売上を軌道に乗せたことです。新店舗をオープンする際は、正直、自分もスタッフも最初は売場でお客様から何を求められているか十分にわかっているとは言い難く、売上目標を達成することも簡単ではありませんでした。また、想定していなかったような問題が何度も発生し、苦労することも多かったですね。それが、日を追うごとにスタッフ同士のチームワークも良くなり、さらに商品動向や立地ごとのお客様特性なども把握し始めると、徐々に売上も上がり始め、スタッフの士気も高まっていきました。新店舗のオープンは大変なことも多いですが、目標が達成できた時はそのぶん喜びも大きいですね。

―今後の目標、当社の魅力は?

私の仕事は、直接お客様と接する仕事ではありませんが、「お客様に喜んでいただけているかどうか」を業務におけるすべての判断基準にしています。販促イベントの企画や販促物の作成、店舗でのトラブル対応においても、どうすればお客様が満足していただけるかを考えて動いてきました。今後は、そうした経験も活かし、新しい事業やブランドの立ち上げにも携わってみたいと考えています。最後に当社の魅力をひとつ挙げるとすると、社員がやりたい仕事を自ら発信できる機会があり、実際に挑戦させてもらえる所です。だからこそ、学生の皆さんは、自分のやりたいことを学生時代に真剣に考えておくと良いと思います。そして、やりたいことを知るためには、まずは自分を知ること。自分自身のことを考える時間を大切にしてください。

一覧に戻る

PAGE TOP