VOICE
01
社員の成長を、
本気で
考えてくれる会社。
VOICE
01
社員の成長を、
本気で
考えてくれる会社。
営業
島田 健治
ホールセール営業部
2003年入社

―入社のきっかけは?

大学では工学部の経営工学科を専攻しており、今とはまったく違う分野の勉強をしていました。学生時代から服が好きで、アパレル業界には昔から興味があったのです。さらに就職活動をしていく中で、好きなことを仕事にしたいという思いが強くなり、アパレル業界に絞ることに。その中でも当社は、卸売から小売まで広く事業を展開していることや、ターゲットも20代から70代までと幅広いため、様々なことを学べるのではと思い、入社を決めました。

―現在の仕事とそのやりがいは?

入社後は、卸売をメインとするホールセール営業部に配属されました。仕事内容はショッピングセンター内や商店街・路面店の婦人服専門店に対し、自社の取り扱う商品の魅力を伝え、買っていただくことです。新商品を発表する約半年前に本社のショールームでブランドごとに展示会を行い、各専門店のオーナー様やバイヤー様から発注をいただき、同時にそのシーズンの商品の販売も行っています。つまり、春夏シーズン中に秋冬シーズンの商品を紹介しながら、春夏シーズンの商品も販売するといった具合です。さらに、展示会を開催していない時期には取引先に訪問し、自社の商品や他社の動向といった情報収集に力を入れています。また、取引先の新規開拓の際は1回、2回の訪問で取引が始まるケースもまれにありますが、ほとんどの場合は何度も足を運びます。時間がかかる時は3年越し、5年越しで取引に至るケースもありますね。ただ、自分が何年も掛けて足を運び、取引できた自社の商品が売れ出して、得意先の売上に貢献できた時は本当に嬉しいですね。

―今後の目標、当社の魅力は?

ジオン商事という社名も、私たちの展開しているブランド名もまだまだ認知度が高いとは言いにくいと思います。そこで、営業としては、自社の商品をもっと世の中の広めることを目標に置いて励みたい。そして、そのために私自身は、営業スキルだけでなく、生産、財務といったあらゆることにも携われるよう勉強し、会社を動かしていく力を身につけたいと考えています。当社は、社長を中心に、社員の成長が会社の成長につながると考えており、社外の研修や現在所属している部署とは関係のない研修などでも、その人の成長につながると思えば、行かせてくれる環境があります。こうした社員の成長を本気で考えてくれる会社で、ぜひ、一緒に成長していきましょう。

一覧に戻る

PAGE TOP