ジオン商事について、
8つのキーワードを軸にご説明します。

1

時代とともに歩む50年

1968年。高度経済成長期の終盤にジオン商事は大阪で誕生しました。創業当初はイタリアを中心とする欧州各地からニットウェアとプレタポルテの輸入からスタートし、1977年に海外のトレンドを一早く採り入れたミセス向けの自社ブランド「Chamois(シャミー)」を立ち上げました。その後、ターゲットを若者まで広げ、様々な自社ブランドを展開しながら、卸売に加え、小売、インターネット販売も開始。また、アパレル分野以外にも事業領域を広げ、時代とともに成長し続けてきました。





2

挑戦できる経営基盤

変化の激しいファッション業界において、常に先を読みながら一歩一歩着実に事業を拡大し、創業以来無借金経営を続けてきた当社。手元にある資金を活かし、航空機リース事業やシステム会社の買収なども行い、安定した財務基盤をさらに強固なものにしています。しかしながら、この財務基盤は決して守りに入るためのものではありません。むしろ、新しいことに挑戦するためのもの。当社には、社員の実現したい事業戦略やアイデアを形にする力があります。

3

商社としての
高いプロデュース能力

ジオン商事という名の示すとおり、私たちは商社としての誇りを大切にしています。商社とは、商人の集団であると考える私たちが目指すものは、セルフプロデュースできる人間たちが集まっている会社です。一人ひとりがお客様のニーズを読み取り、そのニーズに応えるため、部署間の垣根も超えて日々奔走しています。

4

ものづくりにこだわる

私たちは商社であると同時に、メーカーとしての機能も年々充実させてきました。社内には数多くの企画専門職であるデザイナーやパタンナーが所属しており、現場のニーズを先取りした商品を一早くつくり、提供することができます。また、当社では企画・ものづくりにおいても、社員それぞれの意志や主体性を大事にする風土が根付いているため、感性とクオリティに優れたものづくりに挑戦することができます。

5

自らの手で
届けることができる

当社では、百貨店やショッピングセンターを中心としたリアル店舗の展開と、インターネットによるeコマースを組み合わせることでお客様と直接関わることができる接点を増やしています。また、様々なお客様のライフスタイルを意識し、幅広いブランドを展開。アイテムも洋服から雑貨まで多種多様な品揃えを用意しています。

6

一人ひとりの
個性を大切に

当社では、若い人材であっても、自分の意思を積極的に発信できる自由闊達な文化が根付いています。また、経営陣との距離も近く、社員一人ひとりの個性や発想に真摯に向き合うとともに、それを実現するスピードも速い企業です。また、部署間の垣根が低く、日頃から意見を交換し合ったり、人材の交流があったり、社員の適性や成長を一番に考える会社を目指しています。

7

働く環境も充実

本社は大阪市西区靭本町。オフィス街でありながら緑もあふれる心地よいエリアにあります。8階建ての新しいオフィスビルは一社独占で契約しており、全フロアを当社が使用しています。また、東京店も、センスある大人が集う恵比寿の高層ビル内にオフィスを構えています。福岡店は博多駅前、さらに、事業網、ショップ網は全国に拡大中です。イタリア・フィレンツェに駐在所、香港に子会社を置くなど、グローバル展開も加速しています。

8

新分野への参入

既存のアパレル事業のさらなる進化はもちろんのこと、グループ会社の事業運営にも一層力を入れていきます。販売のプロを育成するため販売スタッフ採用から育成及びショップの運営管理を行う(株)ジオンパーソナルサポート。原材料、副資材の販売及び管理や新しい副資材の企画提案を行う(株)マテリアル。ジオン商事グループの安定した財務基盤を生かして、資産運用を行う(株)ジオンフィナンシャルサービス。情報システム(ソリューション)を提供する(株)ネクスツーワン。さらに、新たな事業分野への参入も大いに視野に入れ、時代とともに変化し続ける会社でありたいと考えています。

PAGE TOP